05. 米国内での飛行機搭乗


2010/05/15現在

同時多発テロが起きて以降、アメリカでの飛行機搭乗は厳しくなりました。しかし、広大なアメリカでの移動は飛行機に頼らざるを得ない部分があり、各飛行場では厳しいチェックが行われていますので、余裕をもったスケジュールが必要となります。
アメリカ国内で飛行機に乗るには必ず顔写真の付いている証明書の提示手荷物品に対する厳しいチェック預ける荷物に対する開梱チェックがあります。
まずはチェックインカウンターへ行きます。最近はカウンター前の機械を操作して自分でチェックインする空港が多くなってきました。航空券はインターネットで手配するので、Eチケットが主流です。チケットには実体が無く、パスポートを機械に読み取らせることでチェックインが出来るようになりました。
預ける荷物があれば、機械操作で指示します。必要事項の入力が終わると、係りの人がやってきますので、荷物を秤の上に乗せます。重量オーバーしていればペナルティの料金を徴収されますが、航空会社によってペナルティの料金が大きく異なります。目的地が同じで航空券の値段だけで安い方を選んでも、重量荷物のペナルティと合算するとどちらが安いかわからなくなる料金差がありますので、重たい荷物を抱えての飛行機移動では注意が必要です。
預けた荷物はTASによって開梱されて検査されることになりますので、荷物に鍵をかけてはいけません。開かない鍵を壊して検査する義務をTASは持っています。TASが認定したロックについては、合鍵で開梱するので、鍵をかけても構いません。この時注意しなければいけないのは、開けた鞄を確実に閉める義務が無いことです。彼等にしては閉めたつもりでも、開いたままのことが何回かありました。この対策としては、TASロック機構を備えたベルトを掛けておくことです。共に開いたままのケースは無かったので、有効な対策と思います。
搭乗券(ボーディングパス)と荷物の半券をもらい、搭乗口を教えてもらいますので、"Thank you."と言ってチェックインカウンターを後にしましょう。
次に手荷物と装着品のセキュリティチェックへ行きます。手荷物しか持っていない時でも、搭乗券が必要なので、まずはチェックインカウンターで搭乗券を得る必要があります。
手荷物にノートパソコンがあれば、取り出してトレーに乗せてのチェックになります。携帯電話,デジカメ等を沢山所持している場合は、これらも別のトレーに出して視認出来るようにしておくのが無難です。
液体類の持込は特に厳しくチェックされますので、小分けした化粧品等以外の持ち込みは不可と考えるべきです。清涼飲料水のペットボトルもセキュリティを通過することは出来ませんので、その場で飲み干すか捨てるしか選択肢がありません。
ジャケットと靴は脱いでトレーに乗せてのチェックとなります。ベルトを外せと指示されるケースもありました。
初めての航空会社を使った時などは、チケットに特殊なマーキングが記載されていて、更に厳重なチェックを受けることがあります。ボディチェックを受け、ポケットの中に日本製のガムを入れていただけで職務質問されたことがありました。
飛行機へ搭乗する順番は、ファーストクラス,介護の必要な人,小さな子供を連れている人,ビジネスクラスが優先され、他はチケットに記載されたボーディング番号順に搭乗します。
目的地に着いて、預けた荷物は Baggage Claim で受け取ります。案内標識に従って進むと、ターンテーブルから受け取れる仕組みになっています。ターンテーブルが沢山ある空港では、到着便の名前が表示されていますので、自分がどの便でやってきたかについては、予め把握しておきましょう。チェックインカウンターでは、荷物の半券を貰っていますが、この半券のチェックを殆どの空港で行っていません。自分の鞄を見つけたら、引き上げて、そのまま空港を出る事が出来ます。従って、間違えて持って行かれてもわからない事になります。飛行機を降りたら、速やかに Baggage Claim へ向かい、間違えないように自分の鞄を引き上げましょう。なお、ロスの空港では、出口で半券のチェックが行われますので、預けた荷物がある場合は、半券をすぐに見せられるように準備しておきましょう。
大手の航空会社は高いのでマイナーな航空会社を使うのは、英語が出来るようになってからにした方が良いでしょう。シカゴはMIDWAYの空港から搭乗した時は、まずチェックイン時に搭乗ゲートが確定していなかったので、暫く待たされました。また、確定したという案内は、放送で行われる為、自分にはその内容がわかりませんでした。更に、出発時間がどんどん遅れていくのに、理由がさっぱりわからないという状況です。なるべくなら、大手の航空会社を選んだ方が無難です。
とは言っても、スコールに見舞われた日のデルタ便で4時間遅れ+搭乗ゲートの変更を経験しましたし、ユナイテッド便では突然の機体故障で予約していた便がキャンセルになったりを経験しましたので、空港に行く前にはインターネットで確認しておくのが確実です。

98/07/25の頃

アメリカ国内で飛行機に乗るには必ず顔写真の付いている証明書の提示手荷物品に対する口頭質問があります。これだけをクリアーすれば、大手の航空会社であれば大丈夫です。
預ける荷物があれば、チェックインカウンターへ行きます。ここでは、"Check in plese."と言って、航空券を提示します。航空券を買っていない時は、窓口が異なりますので、多少早めに飛行場へ行くようにしましょう。航空券を渡すと、係の人が"Photo id."と聞いてきますので、パスポートを渡します。アメリカ人や現地駐在員の方は、車の免許証を見せますが、旅行者としてはパスポートを見せるのが一番確実です。また、相手に日本人である事を理解させる事が出来ます。入国審査の時には、持っている物全てをさらけ出す事で、英語でのやりとりを少なくしましたが、国内便に乗る時には、パスポートを同時に出さない方が無難です。国際線が入っている飛行場では、日本に帰るのだと誤認して、帰国の手続きがされてしまう可能性があるからです。必ず、"Photo id"と言われてからパスポートを提出するようにしましょう。
次に手荷物についての口頭質問が行われます。形式的なものですが、法律で定められていますので、必ず実施されます。聞かれる内容は、次の3問の中から2問を聞かれます。通常はYesかNoで答えます。
  • 見知らぬ人から預かった物はありますか(ありませんか)?
  • 荷物は全て自分で入れましたか(入れていませんか)?
  • 荷物から離れた事がありますか(ありませんか)?
英語が判る人には、何でも無い質問ですが、何を言っているのか全然わかりません。要領が得ないと、大きい空港であれば、各国語で記載されたシートを取り出してきて「はい・いいえ」で答えられるようになっています。しかし、このシートが無い時は、係員と英語で応対しないといけないわけです。
何回か搭乗している内に、一つの方策を思いつきました。相手の聞きたい事はわかっているし、何を答えるのかもわかっている。ならば、相手の聞きたい事を先に言ってしまえば良いのだと。荷物について、質問されたらすかさず、"What? Can you speak japanese?"すると、相手は手を横に肩をすぼめて、わからないという仕草をします。そこで、単語の羅列攻撃。"I push all thing myself. Anyone can not touch my bag."文法的に合っているとか合っていないとかは関係ありません。これで全て通過しました。
搭乗券(ボーディングパス)と荷物の半券をもらい、搭乗口を教えてもらいますので、"Thank you."と言ってチェックインカウンターを後にしましょう。
次に手荷物と装着品の金属検査へ行きます。手荷物しか持っていない時は、ここへ直接行きます。
手荷物に電子機器があれば、"Turn on."と言って、電源を入れさせられる場合があります。パソコン,携帯電話,デジカメ等が該当します。電源を切るのは、"Turn off."です。
開封してあるお酒は、ボトルを開けて匂いをチェックします。
搭乗口にもカウンターがあり、手荷物のみの場合は、ここでチェックインする事が出来ます。ここでも荷物に関する口頭質問があります。但し、ここでは各国語で記載されたシートは無いと考えた方が良いです。搭乗券にACSのシールが貼ってあれば、搭乗口のカウンターでのやりとりは必要ありません。
飛行機へ搭乗する順番は、ファーストクラス,ビジネスクラス,介護の必要な人,小さな子供を連れている人が優先され、他は後ろの席から搭乗します。アナウンスは席の番号で、何番から何番とか何番以上と言った表現で案内していきます。前の方の席の時、次は自分の番だなと思っていると、全然違う事をアナウンスするじゃありませんか。躊躇していると皆さん乗り込んで他に誰も居なくなりましたので、"Can I gate in?"と聞くと"Of course."と言って通してくれました。どうやら、残り全部乗れとアナウンスしていたようです。
目的地に着いて、預けた荷物は Baggage Claim で受け取ります。案内標識に従って進むと、ターンテーブルから受け取れる仕組みになっています。ターンテーブルが沢山ある空港では、到着便の名前が表示されていますので、自分がどの便でやってきたかについては、予め把握しておきましょう。チェックインカウンターでは、荷物の半券を貰っていますが、この半券のチェックを殆どの空港で行っていません。自分の鞄を見つけたら、引き上げて、そのまま空港を出る事が出来ます。従って、間違えて持って行かれてもわからない事になります。飛行機を降りたら、速やかに Baggage Claim へ向かい、間違えないように自分の鞄を引き上げましょう。なお、ロスの空港では、出口で半券のチェックが行われますので、預けた荷物がある場合は、半券をすぐに見せられるように準備しておきましょう。
大手の航空会社は高いのでマイナーな航空会社を使うのは、英語が出来るようになってからにした方が良いでしょう。MIDWAYの空港から搭乗した時は、まずチェックイン時に搭乗ゲートが確定していなかったので、暫く待たされました。また、確定したという案内は、放送で行われる為、自分にはその内容がわかりませんでした。更に、出発時間がどんどん遅れていくのに、理由がさっぱりわからないという状況です。なるべくなら、大手の航空会社を選んだ方が無難です。
とは言っても、スコールに見舞われた日のデルタで4時間遅れ+搭乗ゲートの変更を経験しましたし、ユナイテッドでは突然の機体故障で予約していた便がキャンセルになったりを経験しましたので、空港に行く前にはインターネットで確認しておくのが確実です。

先頭へ


左戻る 右次へ 上最初のページ 上くに〜 の 部屋